日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

YouTube・Netflix・動画の通信量を節約する方法はこれだ!

YouTube・Netflixの通信量を節約する方法


WiFi東京レンタルショップ」でレンタルできる「Y!Mobile Pocket WiFi 502HW」は、通信方式 「アドバンスモード」をご利用されていれば、無制限にてデータ通信をすることができます。

今回は、長時間気にせず動画ストリーミングを利用するためにお得なデータ節約法をご紹介いたします。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

YouTube、NETFLIXアプリ使用時のデータ通信節約設定!

もちろん動画も好きなだけ観ることができます。複数デバイスでの共有ネット環境にて、気兼ねなく大容量のデータの送受信することもできます。

しかし、利用エリアによっては「アドバンスモード」の電波(AXGP)が受信できず「標準モード」を使用せざるを得ない場合があります。

「標準モード」の電波(LTE)をご利用の場合には、利用通信量7GBを超過すると、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時最大128Kbps)が実施され、通常速度に戻す場合は、500MBごとに648円の追加料金が必要となります。

そのため、アドバンスモードの利用できないエリアでポケットWiFiをレンタルされる場合、データ通信使用量の節約がとても大事なことになってきます。

ポケットWiFiの通信量と料金

まず少し特殊なPocket WiFi 502HWの通信方式からご説明いたします。

アドバンスモード

次世代PHSの回線をカスタマイズした通信方式(4G・AXGP)で、無制限でインターネットを利用できます。

ただし、3日で10GB以上を利用すると深夜帯7時間程度の速度制御(1Mbps)が実施されます。

標準モード

他のキャリアでも利用されている4G・LTEの通信方式で利用通信量に上限があります。

月の使用量が7GBを超過した場合、当月末まで速度制御(128Kbps)がかかります。

これを解除するためには500MBごとに648円の追加料金を支払わなければなりません。

無制限の通信方式を利用できるエリアに注意

「標準モード」しか使えない場所で動画視聴をすると、あっという間にデータ通信制限容量を超えてしまうなんてことがあります。

でも工夫次第で、データ通信量を削減できますので、この方法を試して動画もバッチリ楽しんでください!

では、代表的な動画視聴アプリ、YouTube、Netflixの知ってて損しないデータ通信節約設定をご紹介します。

YouTubeの場合

モバイルデータ通信時の通信量削減

WiFi接続時のみHD(高画質)動画再生設定

WiFi接続時のみ高画質再生設定

 

  1. YouTubeアプリのメニューボタンをタップして、全般から「設定」をタップ
  2. 「Wi-Fi時の時のみHD再生」をオンにします。
  3. 「自動再生」をオフにします。

この設定によって、Wi-Fi接続時のみHD(高画質)動画の再生になり、自動的に関連動画が再生されなくなります。

WiFi利用時もデータを削減

次に、Wi-Fi設定でもデータ通信量に気をつけて動画を見たいときには、再生動画画面で設定を行います。

 

  1. 見たい動画の右上の隅にある縦に点が3つ並んだアイコン(メニューボタン)をタップします。
  2. 設定選択画面がでてきますので「画質」を選択して画質を小さくします。数字が小さいほどデータ通信量が少なくなります。
  3. 小さい画面のスマートフォンなら画質を144pまで落としても問題なくみることができます。

いろいろ試して画質の違いを確認してみてください。

Netflixの場合

Netflixで映画やドラマを見ると、標準の画質1時間あたり1GBのデータ通信量が発生します。かなり大きなデータ量ですよね!

でも、ちょっとした旅の移動の隙間時間などに映画を見たりしたいですよね。そんなときは、設定をすこし変更してデータ使用量を節約します。

変更方法は簡単です。

Pocket Wi-Fiルーターを使用する場合

  1. アプリ左上のメニューから「アカウント」を選択すると、アカウント情報ページが表示されます。
  2. 画面をスクロールして「再生設定」を選択します。
  3. 「自動」設定から「」や「」へ変更して動画を視聴します。

この設定変更だけで、1時間のデータ使用量が低画質では0.3GB、中画質だと0.7GBと、3~7割も節約することができます。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

動画再生と使用通信データ表(YouTube)

画質はディスプレイの大きさと比例関係にありますので、小さな画面ほど解像度が低くてもキレイに映ります。

動画再生の画質一覧

動画再生画質一覧
プログレッシブスキャン
走査線数
画質名 画素数
iPhone5:320×568
144p 最低画質 256×144
240p 低画質 400×226
360p 普通画質(スマホ) 640×480
480p 高画質(SD画質) 720×480
720p HD画質 1280×720
1080p フルHD 1920×1080
1440p WQHD(2K) 2560×1440
2160p UHD(4K) 4096×2160
4320p SHV(8K) 7680×4320

 

画素数別YouTubeの視聴時間

動画再生で消費するデータ量
画質 必要な通信速度 1時間で消費するデータ量
144p 120kbps〜215kbps
(平均167.5kbps)
平均80.4MB/時間
(1GBで12.4時間)
240p 235kbps〜350kbps
(平均292.5kbps)
平均140.4MB/時間
(1GBで7.1時間)
360p 330kbps〜680kbps
(平均505kbps)
平均242.4MB/時間
(1GBで4.1時間)
480p 700kbps〜1.2Mbps
(平均950kbps)
平均312MB/時間
(1GBで3.2時間)
720p 1.4Mbps〜2.0Mbps
(平均1.7Mbps)
平均816MB/時間
(1GBで1.2時間)
1080p 2.4Mbps〜3.8Mbps
(平均3.1Mbps)
平均1.5GB/時間
(1GBで0.67時間(40分))

動画通信量節約アプリ

Save data, Save money.

この言葉の通り、通信使用量は、通信料金に直結します。

ポケットWi-Fiルーターをレンタルすれば、料金を気にせず無制限で利用できますが、3日で10GB以上を使用すると、通信トラフィックの増加する深夜帯の7時間が速度制限(1Mbps)の対象になってしまいます。

そこで、インターネット利用時には、常に通信データ自体を圧縮して通信を行えば、速度制限自体も避けられる可能性が高まります。

古くからウェブブラウザの開発を行っているオペラ・ソフトウェアのアプリをご紹介します。

Opera Max – データマネージャ

Opera Max - データマネージャ

Opera Max – データマネージャは、すべての通信データを圧縮して通信量を減少させることで、電池の節約にも貢献します。

また、アプリのデータ使用量を追跡し、浪費データ削減および料金の節約方法、そしてプライバシー保護方法に関するアドバイスを受けられます。

現在iPhoneには非対応です。

Google Playで手に入れよう

まとめ – 通信量を節約して動画を気にせず楽しむ方法

  • 「WiFi東京レンタルショップ」のおすすめの「Pocket WiFi 502HW」のアドバンスモードを利用すれば、無制限でWi-Fiネット環境をご利用いただけます。
  • 無制限に関わらず、エリア対応速度制御などの問題もあるため、通信データ量は節約することをおすすめします。
  • YouTueの設定方法はモバイルデータ通信時の節約Wi-Fi通信時の節約の両方をしておく方が良いです。
  • android端末であればすべての通信量を圧縮するアプリを利用できます。

レンタルの前には必ず「アドバンスモード」利用可能エリアを確認して、無制限高速通信インターネットをお楽しみください。Y!Mobileのエリア確認や詳しい「アドバンスモード」と「標準モード」については以下をご参考ください。

アドバンスモード(AXGP)の利用エリアを確認される方はこちらから

AXGPエリアを確認する

 

LINEの友だち追加をしていただくと「WiFiレンタルの安心補償」が、再利用を含めずっと無料でご利用いただけます。

LINEで友だち追加をする

 

今すぐ大人気の無制限のPocketWiFiルータをレンタルされる方はこちらからお進みください。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事