日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

WiFiルーターが繋がらない!困った時の原因と対処法

WiFiが繋がらないときの原因と対処法

WiFiルーターが繋がらない原因と対処法


家の中にあるWiFiやモバイルルーターなどが繋がらなくなった際の対処法をご説明いたします。

もしWiFiのネット接続が機能しなくなってしまったら、特にスマートホンのキャリア回線で、データ通信容量を気にしながらインターネットを使っている方にはとても大きな影響があります。

しかし直前、もしくは数日内に繋がっていたWiFiに繋がらない原因は、そう多くはありません。
こうした接続不良の対処法を知ることで、再び繋がらなくなることがあっても自分自身で即対応が出来るようになります。

特に異常がない状態で繋がらなくなった時、機内モードにしたり、WiFi機能をオン・オフにすることで再接続されることもあります。

先にパソコン・スマホ・タブレット・ルーター・モデムの電源の再起動を一度だけ試してから読み進めることをおすすめします。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

接続する機器側の確認

接続デバイスの確認

接続デバイスの確認

最初に確認するのは接続する側の聞きの確認です。お家のWiFiやモバイルルーターに接続するパソコン・スマホ・タブレット側の状態を見るようにしましょう。

パソコンの場合

Windows・Mac・LinuxなどOSを問わずWiFiを使ってインターネットに接続している場合、WiFiに繋がらなくなった時はキャリア回線の契約のあるスマホをお持ちであればテザリングの機能を使ってパソコン側の問題かどうかをチェックすることが可能です。

スマホのテザリングの機能をオンにして簡易的なアクセスポイントにします。そしてパソコン側からスマホに接続してインターネットに繋がるかを確認してみましょう。

この時点で繋がればパソコンが原因ではないことがわかります。

スマホ・タブレットの場合

キャリア回線のスマホが2台ある場合はパソコンと同じようにテザリングによってスマホ・タブレットが原因なのか調べることが出来ますが、お持ちでない場合の対処法を説明します。

まずは機内モードにして、お近くのコンビニやその他商業施設で無料WiFiがあるところに向かいます。そして機内モードの状態で無料のWiFiに接続して、インターネットに繋がればスマホ・タブレットが原因でないことがわかります。

なぜ機内モードにするかというとキャリア回線がある場合、機内モードにすることで通常の回線を遮断してWiFiでの接続のみに設定することが可能だからです。

接続できなかった場合

この時点でパソコン・スマホ・タブレットがインターネットに接続できなかった場合は機器側に問題があります。

ソフトウェア的な問題であれば、下記のどちらかの可能性があります。

  • WiFiの機能はオンになっているか
  • 機内モードがオンになって、WiFiがオフになっていないか

どちらも自分では気が付かないうちにタップしたりクリックしてしまうことがあるので確認してみましょう。

そして上記二つが原因であればWiFiをオンにして再度、テザリングや無料WiFiなどで接続できるかを試してみます。

それでも繋がらない場合は物理的な原因となりますから、メーカーなどに直接聞くようにしましょう。

ここで気を付けたいのが、焦ってしまって、いきなりパソコン・スマホ・タブレットの初期化をしないことです。初期化や再インストール・工場出荷時の状態に戻す、などをすれば改善される可能性もありますが、それらを行うと中にあるデータが消えてしまう恐れがあります。

バックアップなどについての知識がある場合は別ですが、基本的にはすぐにメーカーに聞くことが大切です。

家庭用のWiFiルーター

家庭用Wi-Fiルーターの場合

家庭用Wi-Fiルーターの場合

接続する機器側に問題がないとすれば次はWiFiルーター側の原因である可能性が高いです。どんな対処法があるか見てみましょう。

パソコンに有線接続

パソコンをお持ちでLANポートがあるものであれば、LANケーブルを接続することでインターネットがオンラインになっているかを確認することが出来ます。

一般的に家庭内のWiFiルーターは、有線接続すればインターネットに接続されますので、まずは試してみましょう。

有線接続でインターネットに繋がれば、あとはWiFiルーターと接続する機器との間に原因がある可能性に絞られます。

有線LANの接続を確認

パソコンで有線接続を試しても繋がらなかった場合は、家庭内のWiFiルーターが外部の回線(WAN)と繋がっていないことになります。

可能性の一つとして確認するべきなのは、有線LANがちゃんと繋がっているかどうかです。

物理的にあり得るのはこの二つだけです。

  • 何らかの原因で外れてしまった
  • LANケーブルが断線している

テスト用途ですから、LANケーブルは100円ショップなど売られている安いもので問題ありません。。

ここでケーブルが外れていたり、ケーブルが切れているなどであれば、これを解決することでインターネットに繋がりますから、再度、WiFiルーターと接続できるかを試してみてください。

注意する点

モデムとWiFiが一体機器であれば、外部の電話回線からの部分の接続も確認します。

別になっているのであればモデム側・WiFiルーター側の両方のケーブルの差込口を確認することが大切です。

ルーターの電源を確認

これは意外とあり得ることです。ルーターの電源が抜けている。コンセントが外れている。どちらかが外れていればルーターは機能しません。同時にモデムの電源が抜けていないかも確認しましょう。

また、ルーターを再起動することで接続の問題が解消される場合もあります。

豆知識

基本的なこととして、繋がらなくなった時は何らかの「変化」があった時です。

それはソフトウェア的なものかハードウェア的なものに限られ、どちらも個人で対応できるものであればこれを一度覚えておくだけで、同様な問題も簡単に対処できるようになります。

逆に言えば、個人で対応できないものは無理に調べようとせずに、WiFi東京RENTALSHOPにご連絡いただけることで解決までの時間を短縮できます。

モバイルルーターの場合

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーター

家庭内のWiFiルーターとの違いは、モバイルルーター自体が電波によって接続されていることです。モバイルルーターの場合は直接的な部分が多いです。確認や対処法について見てみましょう。

パソコンと有線接続する

対応しているモバイルルーターであれば充電・給電用のmicroUSBポートにデータ転送可能なケーブルを繋いで、パソコンと接続することで有線回線のようにインターネットに接続することが出来ます。

WiFi東京RENTALSHOPで扱っている「502HW」は、このmicoroUSBの接続に対応していますので、USBテザリングはもちろん充電も可能です。

パソコンとモバイルルーターを接続してインターネットに繋がれば、モバイルルーターと接続機器との間に問題がある可能性に絞られます。

SIMカードの確認

簡単に外れてしまうものではありませんが、きちんとSIMカードが刺さっているかを確認します。ご自身で管理されていれば、よほどのことが無い限りは、無くなったり、取れたりしてしまうものでありませんが、接触不良の可能性もあるため、手順の一つとしてお考えください。

充電の状態の確認

モバイルルーターなどで小さなディスプレイなどがあれば、充電の状態をしっかりと確認します。充電されている状態で、コンセントなどから給電して確実に起動されている状態にします。

料金未払いの可能性

複数のSIMを持っていたり、支払いをクレジットや銀行などで細かく分けていれば可能性としてはあり得ることですので、この場合は一度確認されてみても良いかもしれません。

WiFi東京RENTALSHOPでは、レンタル期間を超過してレンタル料金が未払いであっても、これを理由として一方的に通信を止めることはありません。

本体の故障の可能性

パソコンと有線接続で繋がらないSIMカードが刺さっている電源は入っている料金も支払っている

この場合は起動していたとしても物理的にモバイルルーターに不具合がある可能性があります。

すぐにWi-Fi東京RENTALSHOPにご連絡いただき、対処方法などについてお尋ねください。

WiFiルーター側・接続機器側に原因がない場合

SSIDの設定

SSIDの設定

WiFiルーター・モバイルルーターをパソコンに繋げてインターネットに繋がる。そしてパソコン・スマホ・タブレットもテザリングや外部のWiFiであればインターネットに繋がるのであればあとはアクセスポイントの設定に問題がある可能性を残すのみです。

普段であれば触る部分ではないですが、WiFiの接続を確認して、アクセスポイント名・パスワード・接続方式などを再設定してみてください。

WiFiルーターと端末のSSIDが異なっている

SSID は大文字と小文字を別々に認識します。アルファベットと数字の取り違いも確認してください。

アルファベットの大文字と小文字は区別されます。

入力に誤りがある場合があります。

アルファベットの「O」(大文字のオー)と数字「0」(ゼロ)や、

アルファベットの 「l」(小文字のエル)や 「I」(大文字のアイ)と数字など

Wi-Fiルーターと端末の認証方式・暗号方式が異なっている

認証方式と暗号化方式は、Wi-Fiルーターとで合わせる必要があります。

原因を切り分けるために、Wi-Fiルーターの設定を「認証:オープン(なし)」、「暗号化:使用しない」 にして接続できるかを確認します。

接続できた場合、アクセスポイントと子機の認証方式または暗号化方式を確認して、同じ方式に設定します。

この場合、セキュリティに関する設定をいったんすべてOFFにするため、注意が必要です。

まとめ – 困った時こそ損しないように

今やネット環境が無いと仕事も遊びもままならないほどにインターネットは重要なものです。そのインターネット回線や機器などが使えなくなると大変大きな支障が生じます。

もし「ネットに繋がらない」「通信が不安定」「何とは言えない物の不具合を感じる」などの事がございましたらお気軽にWiFi東京RENTALSHOPまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

また、すぐにメーカーに問合せたり当店にご連絡いただいたとしても多少の時間的なロスはやむ終えません。

そこで、今回は「接続不良」について、よくお客様より頂くご質問の事例をもとに、簡単に解決できる方法に絞ってご紹介させていただきました。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事