日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

メリットで納得!WiFiルーターをレンタルするとお得なのはどんなとき?【保存版】

WiFiレンタルの利用期間別の利用目的

WiFiルーターレンタルは便利そうだけど、どういう用途で使うのかわからない、どんなときにどんな目的で使うのか想像できないという方も多いようです。
ここでは、2日から数ヶ月まで、レンタル期間に応じていろいろな使いみちをご紹介します。

WiFiルーターレンタルを1日~2日だけ利用する

WiFiルーターのレンタルは最低契約期間は2日間(1泊)からです。たった2日間のレンタルでも、こんなにいろいろな用途があります。

イベント・セミナー

セミナーや研修会にはたくさんの人が集まります。
とくにIT系やビジネス系のセミナーではネットが必要になりますが、通常の会議室の設備では人数分をカバーできません。参加者が各自のスマホを使う方法もありますが、回線がかなり混雑するうえに、参加者に高額の通信料が請求される心配があります。

イベントでもネットが必須です。
最近は主催者がイベントをネット配信したり、参加者がイベントの様子をSNSで実況したりすることも多いので、屋外や郊外でのイベントでも大容量で高速に使える回線が必要になります。

どちらも事前に回線を用意しておけばいいのですが、たった1日のためにネット回線の工事をするわけにはいきません。通常のオフィスから回線を廻す方法もありますが、通常の業務を妨げる場合もあります。会社によっては、外部への通信がセキュリティ上許可されない場合もあります。

そこでWiFiルーターのレンタルが重宝します。
WiFiルーターレンタルならコンパクトで持ち運びしやすく、屋外でも会議室でも使うことができます。工事も不要で、ケーブルを引き廻す必要もありません。WiFiルーターレンタルなら複数の人数でネットをシェアできて、データ通信量が多くなっても一定額で利用できます。参加者だけパスワードを設定しておけばセキュリティ上も安心です。

  • 利用日数:1泊2日
  • 料金:1,000円

 

電波の入りを確認する

WiFiルーターレンタルは「自宅でのネット環境としてWiFiルーターを考えているが、自宅で充分に電波が入るかわからないので一度試してみたい」というときにも便利です。

携帯電話会社によっては電波の入りを確認するために機器をレンタルできますが、店舗に行って手続きをしたり、また返却しに行ったりする手間が必要です。

WiFiルーターレンタルならネットで手軽に申し込めて返却も郵送するだけなので簡単です。

通常の契約とは違い、もし電波の入りが悪くて契約できないと思っても、無理に勧誘されることはないので、手軽に試してみることができます。

  • 利用日数:1泊2日
  • 料金:1,000円

 

データをバックアップする

スマホはいつも持ち歩いているので、紛失したり故障したりする危険があります。必要なデータは定期的にバックアップしておきましょう。スマホ本体だけでなく、クラウドサービスにバックアップしておくとさらに安心です。
しかしクラウドへのバックアップは大量のデータ通信を行うので、自宅にWiFiがあったり、またはパケット使い放題の契約があるユーザーでなければ、実はあまりやられていないことです。

同じように、パソコンのデータもときどきはバックアップを取っておきましょう。最近はパソコンのデータもクラウドサービスを使っていろいろな端末からファイルを使えるようにするのが主流です。この場合もデータ通信量が多いので、スマホのテザリングだけでは難しくなります。

街中の無線LANスポットや無料WiFiスポットならクラウドへのバックアップをとることができますが、保護されていない接続ではセキュリティの心配があります。

バックアップを行うときも、パスワードで保護されたWiFiルーターレンタルをおすすめします。自宅でゆっくり作業できるうえ、セキュリティ上も安心です。

  • 利用日数:1泊2日
  • 料金:1,000円

 

Wi-Fiを1日レンタルする

 

WiFiルーターレンタルを1週間程度利用する

1週間以内の短期間でも、WiFiルーターレンタルにはさまざまな用途があります。

スマホの速度制限期間を乗り切る

料金プランにもよりますが、スマホは短期間に多くのデータ通信量を使用すると速度制限がかかるため、キャリア会社にもよりますが数日間から当月の間は高速通信ができなくなります。

その場合は高額なオプション料金を払うか、料金プランを変更すれば速度制限は解除されます。

どちらも利用したくない場合は、WiFiルーターレンタルという方法があります。利用制限が解除されるまでの数日もこれまで通りネットを利用でき、次月の料金プランに影響することもありません

もちろんレンタルでは、WiFiルーターを新規契約するように2年縛りなどの制約もありません。

  • 利用日数:2泊3日
  • 料金:1,500円

 

国内旅行

旅行中は意外にネット検索をよく使うものです。
現地の地図、現在地からのルート検索観光名所案内、オススメのお店やお土産など、検索したいことはいろいろあります。とくにルート案内はデータ通信量が多くなるので、スマホの料金プランが気になってしまう人がいるでしょう。
旅行中でも気兼ねなくネットを使いたいのに、ホテルや宿にネット環境がなかったり、あっても高額なオプション料金のかかるところもあったりします。

帰省

休暇中の帰省にも便利です。
帰省先に高齢の両親しかいなければ、高速回線どころかネット環境自体ないかもしれません。しかし、帰省でもパソコンを持っていくこともあります。子連れなら、宿渋滞中の暇つぶしにゲーム機を持っていったりすることもあります。最近はゲーム機でもWiFiを使うことが多いので、WiFi回線は必須です。

レンタルしたWiFiルーターは国内ほとんどの場所で利用できるうえ、容量無制限で高速通信が可能です。移動中でも宿でも実家でも安心して使えます。スマホだけでなく、パソコンやゲーム機、タブレットなどいろいろなWiFi機器につなぐことができます

  • 利用日数:3泊4日
  • 料金:2,000円

 

Wi-Fiを1週間レンタルする

 

WiFiルーターレンタルを2週間程度利用する

数日ならともかく、2週間以上ネットがないのは困るという人が多いはずです。WiFiルーターレンタルが1つあれば、いろいろな使い道があります。

引越しの前後

引越し前にはこれまでのネット契約を解除し、機器を返却する必要があります。引越し後すぐにネット契約をしても、開通までには数日かかり、どうしても空白期間ができてしまいます。
しかし引越し前後にはいろいろ連絡したり調べたりすることも多いもの。ネットが使えないと不便です。

空白期間のつなぎには、WiFiルーターレンタルがぴったりです。
プロバイダやエリアの制約がなく、工事も要らず、移動先でもそのまま使うことができます。新しい回線が開通したら郵送で返却できるので、移動先でも簡単に返却できます。

  • 利用日数:14泊15日
  • 料金:4,000円

 

出張時のネット環境確保

長めの出張には、ネット回線が欠かせません。移動中に仕事をしたり、ホテルから自社に報告書を送ったり、Skypeなどでネット会議を行うこともあります。
ホテルの回線を使うこともできますが、オプション料金がかかるかもしれないうえにセキュリティの心配もあります。
昼間は出張先の回線を借りるという方法もありますが、自社ならともかく、客先の回線は使えません。

仕事場でもホテルでも気軽にネット回線を使うためには、WiFiルーターレンタルが便利です。定額で容量無制限なうえに、パスワードが必要なのでセキュリティ上も安心です。移動中でも客先でも気兼ねなく使うことができます。

  • 利用日数:14泊15日
  • 料金:3,500円

 

Wi-Fiを2週間レンタルする

 

WiFiルーターレンタルを1ヶ月から数ヶ月利用する

1ヶ月以上の長期間でも、WiFiルーターレンタルの用途はいろいろあります。とくにいつまで必要かわからない、回線を契約するほど長期間ではない、という場合には便利です。

自宅回線の代わり

自宅回線の代わりにWi-Fiルーターを利用する目的は、ずばり節約です。

WiFiルーターをレンタルするメリットは、2年縛りなどの制約がなく、必要な時に必要なだけサクッと使えることです。

1人で住んでいる場合

1人でお住まいの方で最も多いケースが、格安スマホを契約するか白ロムを使いキャリア契約はしないケースです。

WiFiルーターを持ち歩けば自宅と外出先を問わず無制限のネット環境を利用できますので、自宅回線とスマホのキャリア回線を持つのは効率的ではないようです。

家族3人で住んでいる場合

家族でお住まいの方で最も多いケースは、それぞれスマホキャリアの最安プランを契約して自宅ではWiFiルーターを利用している方です。

大容量の通信をする場合は自宅で行い、外ではチャットツールなど軽い通信だけにとどめているようです。

また、旅行など家族そろってお出かけになる際に持ち歩けば、旅の楽しみを倍増させることができます。

  • 利用日数:1ヶ月
  • 料金:6,500円

 

日本への一時帰国

今は海外旅行中でもいつも通りスマホを使う人がほとんどです。

逆に一時的ではなく、現在海外で暮らしているので日本には生活環境はないという場合でも、ネット環境が必要です。日本での友人・知人と連絡を取り合ったり、SNSを利用したり、いろいろ検索したり、スマホは大活躍です。ネットがないとかなり不便な滞在になるでしょう。滞在先のホテルに回線がないかもしれません。一時帰国なら親戚の家に泊まることもありますが、自由に使えるネット環境があるとは限りません。

そんなときもWiFiルーターレンタルが重宝です。空港で受取りと返却ができて、入国してすぐから日本を出るギリギリまでしっかり使えます。エリアが限定されないので、国内を移動しても大丈夫です。

  • 利用日数:1ヶ月
  • 料金:6,500円

 

単身赴任

単身赴任となれば、しばらくの間は本格的にそこで暮らすことになります。
しかし、たいていのネット契約には2年程度の縛り期間があります。単身赴任が半年や1年程度で済む場合、縛り期間の間に解約すると高額な違約金がかかります。

WiFiルーターレンタルなら、必要な期間だけネット環境が使え、不要になったらすぐに解約できます。普通のネット契約と違ってプロバイダ契約も不要です。
通常のネット回線よりも多少割高に見えますが、工事や機器代も無料なので費用はレンタル料金だけです。解約時の違約金もかかりません。セキュリティ上も安心です。

  • 利用日数:1年
  • 料金:長期割引あり

 

入院時のネット環境

ご入院されると、自宅とは異なる空間や、また食事の時間や起床・就寝の時間など異なる生活リズムの中で過ごされることになります。いつもやっていたゲームやネットができなくなったり、ご家族との会話にも参加できなくなります。

しかし、ネット環境さえあれば、SNSやチャットツールなどを通して、ご家族や友人、会社関係の方と簡単にコミュニケーションを持つことができます。

もちろんPCやタブレット端末をを使ってゲームやネットサーフィンを楽しむ事も出来るでしょう。職種によっては病室をそのままオフィスに変えてしまうことも可能です。

さらに、WiFiルーターのネット環境があれば便利というばかりでなく、その情報を興味や共感のツールとしてとして入院されている方同士のコミュニケーションにも繋げられます。

  • 利用日数:3ヶ月
  • 料金:33,000円

 

Wi-Fiを1ヵ月レンタルする

 

まとめ – よくあるWiFiルーターのレンタル日数と利用目的

よくご利用いただくWiFiルーターレンタルが活躍するシーンをいくつかご紹介させていただきました。

WiFiルータの利用期間別 レンタル目的
利用期間 よくある利用方法
1~2日間
  • イベント・セミナー
  • 電波の入りの確認
  • データのバックアップ
1週間程度
  • 速度制限を乗り切る
  • 国内旅行
2週間程度
  • 引っ越しの前後
  • 出張時のネット環境
1か月から数か月
  • 自宅回線代わり
  • 日本への一時帰国
  • 単身赴任
  • 入院時のネット環境

WiFiルーターレンタルには、通常のネット契約やスマホにはないメリットがたくさんあります。その特長を生かしてうまく利用すればとても便利です。

便利な利用方法や節約方法について詳しくお知りになりたい場合は、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

今すぐWi-Fiをレンタル

 

 

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事