日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

WiFi電波の入りや強度を確認するには1日~2日間WiFiルーターのレンタルがおすすめ!

WiFiレンタルで速度実測値を測ろう

WiFi電波の入りを確認するにはWiFiレンタルがおすすめ


最近はネット環境さえあれば、そのシーンごとで様々な楽しみ方ができるようになりました。電車の中で漫画を読んだりドラマを見たり、自宅でクラウドオフィスツールを使って仕事をまとめたりなど、目的のために最適なデバイスが選ばれています。

外出先ではスマホでもいいけれど、自宅ではパソコンの大きな画面でネットを楽しんだり、動画を作成してアップロードしたりしたい。自宅ではゲーム機をWiFi機器につないでゆっくり通信プレイをやりたい。

でも、賃貸なので回線をひくための工事はできないのです……

いま、そうした方から、ネットの接続にはポケットWiFiが支持されています。無くてはならないネット環境にWiFiを使った節約法を実施されている方もいらっしゃいます。

キーポイントは、ポケットWiFiが実際に使えるかどうかです。WiFiの強さや通信速度実測値を試すためにも、WiFiルーターのレンタルが役立ちます。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

電波の入りや強さを確認するときはWiFiルーターレンタルが便利!

レンタルWiFiルーターがあれば、使いたい場所でポケットWiFiが快適に使えるかどうかをテストできます。ポケットWiFiを契約したあとで、使いたい場所で電波が入らないことがわかったら大変です。せめて電波の入りを試すことができなければ、不安で契約できないでしょう。

ネット上にはWiFiのエリアカバーなどのマップが掲載されていますが、通信速度の理論値と実測値が全く異なるように、実際にWiFiが使えるかどうかは使ってみなければわかりません。

WiFiを快適に使うために確認しておく事

  • 無線LAN環境を作りたいけれど、その場所で充分に電波が入るかどうかわからない。
  • 使いたい機器をうまくつなげるかどうかテストしたい。
  • 何台もWiFi機器をつないで使う予定があるけど、思ったようにスピードが出るのか確認したい。
  • 実際に使ってみて使い心地を知った後でないと、契約するのは不安だ。

WiFiルーターレンタルがあれば、実際にその場所で電波の受信状況やスピード、使い心地を試すことができます。

電波の入りって何のためにテストするの?

ポケットWiFiでの電波の入りをテストするには、いくつかの理由があります。

自宅の部屋ごとにWiFi電波の入りを試したい場合

ポケットWiFiを使って自宅を無線LAN環境にしたいけれど、自宅では充分に電波が入るかどうかわからないという場合があります。そういうときにはWiFiルーターのレンタルで電波の入りを確認できます。

自宅で電波の入りを確認するときには、次のようなチェックポイントがあります。

家中にWiFiの電波が届くかどうか

一番よく使うリビングだけでなく、WiFiを利用したい場所すべてでWiFiの電波が充分に届くかどうかを確認できます。

家の中なら安心というわけではありません。とくに戸建ての場合、モデムやルーターに近い玄関では速度が出ても、距離のある寝室やお風呂場では接続が不安定で切れかかるということがよくあります。

そこで、家の中でWiFiの電波が届かない場所がないか、WiFiルーターの短期レンタルで確認することができます。

キッチンを挟んだ部屋でも電波が届くかどうか

キッチンを挟むと、WiFiの電波が届かないことがあります。これは、WiFiの周波数が電子レンジの周波数と同じ2.4GHz帯域だからです。電波がお互いに干渉してしまうので、キッチンで電子レンジを使っている場合、その向こうの部屋まではWiFiの電波が届かないことがあるのです。

ルーターから見てキッチンの向こうにある部屋で電波が入るかなども、WiFiルーターのレンタルで確認できます。

他のデバイスでも使えるかどうか

外出先ではスマホだけでも、家の中ではいろいろなWiFi機器を使うことがあります。家で使うWiFi機器の代表的なものには、ゲーム機、プリンター、デジカメ、テレビレコーダーなどがあります。

それらの機器が問題なくつながって快適に使えるかどうか、WiFiルーターのレンタルで確認することができます。

同時接続をしても速度は充分か

たくさんの機器をつないで使っても快適に使えるかどうか、スピードが遅くなったりしないか、WiFiルーターレンタルで確認することができます。

イベントやセミナーでWiFiルーターレンタルを使いたい場合

イベントやセミナーの当日にもWiFiルーターレンタルは大活躍しますが、当日いきなり機器を使うのは危険です。その場所にきちんとWiFiの電波が来ているかどうかわからないからです。

イベントやセミナーの場所を決めたら、いきなり本番で使用するのではなく、あらかじめ一度レンタルWiFiルーターを使って電波が来ているかどうか確認することをおすすめします。

またイベントやセミナー会場の場所を決める前に、レンタルWiFiルーターなら、あらかじめイベント・セミナーの進行を想定してその場所をチェックすることで、快適に電波が届く場所を会場に選ぶこともできます。

 

ドローンやマルチコプターを使いたい場合

この場合は「電波の入らない場所」を探します。

ドローンやマルチコプターのリモコンの周波数は、WiFiや電子レンジと同じ2.4GHz帯域です。そのためWiFiの電波が強いところでは、電波がお互いに干渉し、ドローンやマルチコプターの動作が不安定になったり、操作ができなくなったり、衝突したり、墜落したりすることもあります。

そこでWiFiルーターレンタルとアプリを使って、WiFiの電波が強くない場所を探します。そこなら安心してドローンやマルチコプターを飛ばすことができるからです。

2017年6月9日に「無人航空機に係る航空法改正」にあわせて「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」というガイドラインが定められました。

これによってドローンを飛ばせる場所などが制限されることになりました。

電波の入りを確認するアプリで速度を確認

電波の入りをチェックするには、ポケットWiFiのランプの色や点滅を見る方法がポピュラーですが、それでは電波が入っているかどうかしかわかりません。スマホアプリを使えば、電波がどのくらい入るか、強度を確認できます。代表的なものをご紹介します。

IO-DATAのアプリ「Wi-Fiミレル」です。IO-DATAのアプリですが、IO-DATAのルーター以外でも使うことができます。「Wi-Fiミレル」はAndroid・iOSの両OSに対応しており、無料なので、気軽に試すことができます。

Android版はこちらから

iPhone版はこちらから

WiFi速度計測アプリ「WiFiミレル」の機能

Wi-Fiミレルを使えば、その場所の電波強度接続しているWiFiの詳細な情報などを見ることができます。Android版ではWiFiの混雑具合を見ることもできます。

また家やオフィスの間取り図を読み込むと、その間取り図で電波の強いところ・弱いところを色分けしたヒートマップを作成してくれます。このヒートマップをもとに中継機の置き場所を考えることもできます。

Wi-Fiミレルは普段使っているスマホで気軽にWiFi強度を計測できるので、とても便利です。

携帯電話会社でするレンタルの特徴

携帯電話会社によっては、電波の入りを確認するため実機を貸し出しているところもあります。

しかし、確認という事だけでも、携帯電話会社とWiFiレンタル専門店では、同じレンタルでも利便性に圧倒的な違いがあります。

店舗に行く必要がある

レンタルする際は、店舗手続きが必要になりますので、当たり前ですが、店舗に行く必要があります。

返却にも実際に店舗に行く必要があるので、実は電波が弱かったり、あまり速度が出なかったりした場合でも、断りきれなくてつい契約してしまうときもあるかもしれません。

遠慮して使ってしまう

電波の入りを試すためだけのレンタルなので、どのくらい使っていいのかわかりません。つい遠慮して電波が入ることだけチェックしたら借り物であることを意識してそのまま返却することが多いでしょう。

普段使いなれない機械なので、最初のうちは使い方がわからないかもしれません。

手持ちの機器すべてでじっくり使わないと、本当の速度や使い心地がわからないのではないでしょうか?

セキュリティが心配

借り物なので、セキュリティ面でも心配です。パスワードを掛けることができなければ、いつも通りに安心して使うことはできないでしょう。

その会社のことしかわからない

また携帯電話会社からのレンタルでチェックできるのは、その携帯電話会社の電波だけです。他の会社の電波が入るかどうかを知るためには、また別な店にレンタルを申し込む必要があります。

WiFiルーターのレンタル専門店の特徴

WiFiルーターレンタルなら、上のような不安がありません。

店舗に行く必要はない

借りるときも返すときも宅配便や郵送なので、店舗に行く必要はなく、手間もかかりません。最初から返却が前提なので、無理に契約を勧誘されることもありません。気軽に試すことができます

遠慮せずに使える

レンタル期間は1泊2日~なので、自宅でじっくり使い心地を試すことができます。いくら使っても同じ料金なので、パソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機など、いろいろな機械で自由に試すことができます。

そこで、本当の速度や使い心地がわかります。

セキュリティも安心

WiFiルーターのレンタルなら、最初に使うときからパスワードをかけることができます。買い物などでも安心して使うことができます。

複数キャリアの電波を試したい場合

WiFiルーターレンタルでも、1つの機種では、1つの携帯電話会社の電波しか試すことができません。

使用事情により、たくさんの携帯電話会社の電波を試したいときには、複数台のWiFiをレンタルする必要があります。

WiFiルーターレンタルの料金

WiFiルーターレンタルは、どれだけ使っても料金は同じです。

利用日数が1泊2日ならレンタル料金1,080円、さらに往復送料が一律1,080円で合計2,160円です。

電波の入りを試すためなら、WiFiルーターレンタルがおすすめ

これまでは電波が入るかどうかを試すためには、いろいろな携帯電話会社の店舗を回って、機器を借りるのが普通でした。これは待ち時間などを考えても相当な手間のかかることです。

しかしWiFiルーターレンタルなら、手軽に電波が入るかどうかをチェックできます。

これからは電波の入りをチェックするときもWiFiルーターレンタルをおすすめします。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

 

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事