日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

データのバックアップにはWiFiルーターの短期レンタル1日~2日間がおすすめ!

スマホのバックアップWiFi短期レンタル

パソコンが起動しなくなったり、スマホを落としてしまった…。そんな事があれば仕事や趣味の大切なデータや電話帳だって見れなくなってしまいます。

しかし、スマホやパソコンのデータは小まめにバックアップしておいた方がいいというのはわかっていても、面倒だったり、どうやっていいのかわからなかったりしてなかなか実行できないという人が多いはずです。

実は、WiFiルーターレンタルを使えば、気軽に、かつ安全にバックアップできてしまいます!

今すぐWi-Fiをレンタル

 

スマホのバックアップにはWiFiルーターレンタルが便利!

たまったデータはまとめてクラウドストレージへ

スマートホンやパソコンのバックアップにはいろいろな方法がありますが、今はクラウドサービスを利用する方法が主流になっています。そのためには、大容量で高速なWiFi回線が必要です。

そんなときにも、WiFiルーターのレンタルが大活躍です!

何をバックアップするの?

バックアップが大事なのはわかっていても、何をバックアップするのかや、バックアップってどうやるのかがわからない人もいるかもしれません。多いのは、スマホとパソコンのバックアップです。

バックアップの方法はいろいろありますがオーソドックスな方法をご紹介いたします。

スマホのデータをバックアップする

スマホはいつも持ち歩いているので、意外に紛失や故障のリスクが高いものです。
本体は携帯電話会社の安心保証などに入っているから安心だと思っていませんか?

携帯電話会社の保証では、保存したデータまでは保証されません必要なデータは自分で定期的にバックアップしておきましょう。スマホを機種変更する前にも、データのバックアップが必要です。

スマホのデータで思いつくのは電話帳メールなどですが、最近ではLINEのトークゲームのデータなど、どんどんバックアップが必要なデータの種類が増えています

ガラケーの頃は、携帯電話のバックアップと言えば本体に挿したSDカードなどを使いました。スマホでもSDカードを使うことはありますが、現在の機種はSDカードが使えない機種もたくさんあります。

SDカードの使えない機種では、主にクラウドサービスへのバックアップを行います。しかしクラウドサービスへバックアップするにはデータ通信量が多くなるので、自宅に無線LANなどのWiFiがあったり、スマホの契約がパケット使い放題になっているようなユーザーでなければ、あまり行わないでしょう。

WiFiルーターレンタルがあれば、どれだけデータ通信を行っても料金は変わらず、手軽にバックアップができます。

パソコンのデータをバックアップする

パソコンのデータもときどきバックアップを取っておきましょう。ずっと使っていればHDDの一部が破損し、データが取り出せなくなることもあります。しかしパソコンのデータはスマホに比べてサイズも量も多く、自宅にWiFi環境がなければデータ通信料金が気になるでしょう。

 

ハードディスクの寿命は10,000時間(3~4年)

ソリッドステートドライブの寿命は25,000時間(5~10年)

 

最近は、Googleドライブなどのクラウドサービスにファイルを保存し、パソコンだけでなくスマホなどいろいろな端末から操作できるようにすることも多いですが、これもデータ通信量がかなり大きくなります。

自宅にWiFi環境がない場合は、大容量で高速なWiFi回線としてWiFiルーターレンタルがおすすめです。

スマホのアプリやデータをバックアップする方法:Android編

スマホのバックアップを取るにはいくつかの方法があります。ここでは保証対象内の安全な方法をご紹介します。

OS標準のバックアップ/リストア機能を使う

Android OSには標準でバックアップ機能が用意されています。多くの端末では「設定」の「アカウントの設定」から操作できます。

この機能では、WiFiなどの設定や、自分がインストールしたアプリなどがバックアップされ、リストアしたときには自動的に復元されます。アプリによってはデータもバックアップできますが、すべてのアプリが対象ではありません。

バックアップされる範囲は限定的なので、データは別にバックアップしましょう。多くはSDカードへのバックアップなので、データ通信は行いません。

携帯電話会社や端末メーカーのサービスで、キャリア会社のクラウドサービスにバックアップを行えるところもあります。この場合はクラウドサービスへのバックアップなので、大量のデータ通信を行います。

アプリ内のバックアップ/リストア機能を使う

課金アイテムなどのあるアプリは、アプリ内に保持しているデータをアプリの機能としてバックアップすることができます。アプリによってはデータのみをSDカードに保存し、同じアプリをインストールした後にデータのみ移行できます。

ゲームアプリのバックアップ機能では、ゲーム提供側のサーバーに現在のデータをバックアップし、機種変更しても同じところから続けられるようになっています。

LINEはIDとパスワードがあればお友達やスタンプは引き継げます。トークは引き継げないので、トークは相手ごとにバックアップする必要があります。必要なトークは機種変更前にSDカードなどに保存しておきましょう。

アプリ個別のバックアップ機能があれば、データを最適な形で復元できるので便利です。ただしすべてのアプリにバックアップ機能があるわけではありません。

いずれもクラウドへのバックアップを行う場合は、データ通信を行います。

バックアップ用アプリを利用する

端末のデータをバックアップ/リストアしてくれるAndroidアプリもたくさんあります。保存できるデータの種類も保存先もさまざまなので、自分の目的に合ったものを選んでください。

バックアップ用アプリがクラウドサービスへのバックアップを行う場合は、データ通信を行います。

普段からクラウドサービスを利用する

Androidスマホなら、できるだけGoogleドライブやMicoroSoftのOneDriveなどを利用してクラウドサービスにデータを保存することで、バックアップの必要なデータを最小限に抑えられます

メールや連絡先はGmail、スケジュールはGoogleカレンダー、ブラウザはChrome、スマホのカメラで撮影した写真の保存先はGoogleフォトなど、できるだけデータの保存先にGoogleのサービスを利用すれば、利用するたびにGoogleがバックアップを取ってくれます。もちろんパソコンから同じアカウントでログインすればデータを操作できます。

この方法を使えば、機種変更したときもGoogleアカウントを設定するだけでGoogleに関するデータは自動的に復元できます。バックアップはゲームなどスマホ独自のアプリのデータだけで済むので、とても簡単にバックアップできます。すでにGoogleドライブなどにデータが保存されるため、大量のデータ通信を行う必要もありません。

ただしこの方法では、普段のデータ通信量が少し大きくなります。
この場合はバックアップのときだけ短期でWiFiルーターをレンタルするのではなく、自宅に帰ったら今日のデータをバックアップしよう」など、長期レンタルのご利用をおすすめします。

長期契約なら割引額も大きく、レンタル期間が約半年なら33,000円となります。

スマホのアプリやデータをバックアップする方法:iPhone編

iPhoneの場合は、Apple標準のバックアップ方法を使うのが一番安心です。

iTunesを使う

パソコン(MacでなくWindowsでもOK)があれば、iTunesをインストールしてあることが多いでしょう。そのパソコンとiPhoneと接続すれば、バックアップ完了です。
iTunesの機能で暗号化したバックアップを取ることもできます。

この方法はiPhoneとパソコンを接続するだけなので、データ通信は行いません。

iCloudを使う

iCloudを利用していれば、iCloudに簡単にバックアップを取ることができます。

ただしこの方法は、iCloudに大量のデータ通信を行うことになります。

パソコンのアプリやデータをバックアップするには

パソコンの場合、どこまでバックアップを取るかは、個人によって異なります。まずは自分がバックアップしたいファイルの範囲を決めましょう。

パソコンに付属のバックアップツールを使う

メーカーによってはパソコンに付属のバックアップツールがあります。これを使えばデータを定期的に自動で保存できます。保存先はパソコン内のHDDか外付けHDDです。この場合、WiFiによるデータ通信は必要ありません。

この方法なら大量のデータを保存でき、セキュリティを気にする必要もありません。ただし災害や盗難の危険は残ります

クラウドに最小限のデータをバックアップする

いろいろな端末から操作したいファイルは、DropboxやOnedriveなどのクラウドサービスに保存すると安心です。
いったんパソコンのHDDに保存しても、定期的にクラウドサービスへバックアップを保存する方法もあります。

ただし、クラウドサービスによってはパソコン内のファイルすべてを保存できるほど容量はないこともあります。その場合は保存するファイルを選びましょう。

クラウドサービスを使うので、大量のデータ通信を行います。個人情報を扱うことも多いので、セキュリティ上も安心な回線が必要です。

外付けHDDに必要なデータのみバックアップする

パソコンと外付けHDDをつなぎ、文書、音楽、画像など必要なデータをコピーします。HDDによっては、コピー用ツールなども付属しています。WiFiによるデータ通信は必要ありません。

大量のデータを保存でき、セキュリティも心配ありませんが、パソコンと同じ場所に置いてあるので、災害や盗難の危険は残ります。

無料WiFi回線はバックアップに使えるか?

大量のデータ通信を行うなら、フリーWiFiスポットを使えば無料で済ませることができるのではないか、と考える人もいます。

しかし、街中の無線LANスポットや無料WiFiスポットでバックアップを行うことはおすすめしません。

大容量のデータ通信を無料で行うことはできますが、無料Wi-Fiスポットは、セキュリティが一切考慮されていないからです。
多くのユーザーで回線を共用するので個人情報が漏れたり、操作時に覗き込まれてパスワードなどが漏れたりする心配もあります。

バックアップにはWiFiルーターレンタルがおすすめ

バックアップを行うときは、WiFiルーターレンタルをおすすめします。

WiFiルーターレンタルなら自宅でゆっくり操作できるうえ、パスワードをかけて自分以外には使えなくするのでセキュリティ上も安心です。バックアップだけでなく、ネットショッピングなどにも使うことができます。

またレンタル料金は日数で決まるので、どれだけデータ通信量が多くても変わりません。安心して使うことができます。

ファームウェアのアップデート

iOSandroidのアップデートには、かなりの通信量がかかるのをご存知でしょうか。重要な更新プログラムであれば2GB 近い通信を必要とするものもあります。

しかし、うっかりモバイルネットワークで更新を始めうと、途中でこれを強制停止などすると重大なエラーが生じる可能性もあります。

ファームウェアのアップデートが届いたら焦らず、安全な無制限のネット環境を用意しましょう。

WiFiルーターレンタルの弱点

WiFiルーターレンタルにもデメリットがあります。あらかじめ予約して送ってもらうという手間がかかり、思いついたときに即座に使えないことです。

WiFiルーターレンタルを使うなら、計画的にレンタル期間を計算する必要があります。

WiFiルーターレンタルの料金

WiFiルーターレンタルは、どれだけ使っても料金は同じです。
利用日数が1泊2日ならレンタル料金1,080円、さらに往復送料が一律1,080円で合計2,160円です。

バックアップを取るなら、WiFiルーターレンタルがおすすめ

バックアップには、WiFiルーターレンタルがおすすめです。
パスワードをかけることができるのでセキュリティ上も安心です。高速で使い放題のWiFi回線です。

きちんと環境を整えて定期的にバックアップを行い、万一に備えておきましょう。

 

今すぐWi-Fiをレンタル

 

WiFiレンタルには、ほかにもこんなすごい使い方が!

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事