日本国内向けの高速Wi-Fiルーターを簡単レンタル!! 2日間でも1週間でも簡単手続きでWi-Fiレンタルが可能です。

スマホの通信速度制限期間はWiFiルーターをレンタルで乗り切ろう!

通信速度規制にはWiFiルーターのレンタル

スマホ通信速度制限を乗り切ろう


スマホの通信速度制限期間のために3日間くらいWiFiルーターをレンタルする場合

スマホを使っていると月に1回は必ず通信速度制限にかかってしまう…という人はいませんか?

気をつけていても、話題の動画を見たり暇つぶしにゲームをしていたりすると、意外と簡単に通信速度制限にかかってしまいます。一度通信速度制限にかかると、解除までは低速接続しかできなくなるのでかなり辛いですね。

そんなときにも、WiFiルーターレンタルがあればあまりコストをかけずに乗り切ることができます。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

スマホの通信速度制限期間ってなに?

契約プランにもよりますが、速度制限は2通りあります。

1つは、短期間にスマホによるデータ通信を一度にたくさん行うと通信速度制限が行われるというものです。一度通信速度制限にかかると、通信速度制限が解除されるまで、高速通信ができません。一定の時間が経過すると通信速度制限が解除され、また高速通信ができるようになります。

もう1つは、契約プランにある1月分のデータ通信量を使い切った場合翌月になるまでは通信速度制限が行われます。

どちらの通信速度制限の場合も低速での接続はできるので、まったく使えなくなるわけではありません。

Docomoの場合

4G/4G LTEの場合、契約プランのデータ量を超えると、月末まで高速通信が制限され、通信速度が最大128kbpsになります。これをリミットモードと言います。

「1GB追加オプション」を追加購入することで、所定のデータ使用量まで高速通信が復活します。

スピードモード」を契約すると、自動的に「1GB追加オプション」を購入するので通信速度は制限されませんが、金額はどんどん上がります。

Docomoには、3日間でのデータ使用量による通信速度制限はありません。

auの場合

WiMAX 2+や4G LTEの場合、直近3日間で6GB以上のデータ通信を行うと、翌日は終日高速通信が制限されて通信速度が最大128kbpsになります。「エクストラオプション」に加入している場合も対象です。

またデータ使用量が契約プランのデータ量を超えた場合月末まで高速通信が制限されて通信速度が最大128kbpsになります。データチャージを追加購入することで、所定のデータ使用量まで高速通信が復活します。

ソフトバンクの場合

4G/4G LTEの場合、3日間で約1GB以上の通信を行うと、翌日の午前6時から24時間は通信速度が制限されて通信速度が最大128kbpsになります。

またデータ使用量が契約プランのデータ量を超えた場合月末まで高速通信が制限されて通信速度が最大128kbpsになります。「データ定額パック」を追加購入することで所定のデータ使用量まで高速通信が復活します。

通信速度制限された状態ってどのくらい遅い?

各社とも通信速度制限中は、データの送受信が最大で128kbpsになります。これはメールやLINEなどテキストでのやり取りはできますが、画像や動画を扱うには苦しい速度です。

こちらに、Youtubeで動画を再生するときのデータ使用量が載っています。参考にしてください。

 

128kbpsなら、動画も最低の画質(144p)で見ることになります。
画質144pで動画を見るときに必要な速度は、120kbps〜215kbps(平均167.5kbps)程度です。
この速度で1時間動画を見ると、平均で80.4MB/時間のデータを消費します。

この速度なら、1GBのデータ通信量で12.4時間程度の動画を見ることができます。

 

どういう使い方をすると通信速度制限にかかりやすい?

一度に大量のデータ通信を利用するのは、次のような使い方です。

動画の視聴

動画を見ると、大量のデータ通信を行います。
これはSafariやGoogle Chromeなどのブラウザを経由して見る場合でも、Youtubeなどの動画アプリで見る場合でも同じです。

テザリング

テザリングとは、スマホのデータ通信を使ってパソコンなどをネット接続させることです。

テザリングを行うと、パソコンのネット接続で使用するデータ通信量がそのままスマホのデータ通信量として計算されます。
普通にスマホを使うよりはかなり多くのデータ通信量を消費します。

通信速度制限にかからないためにはどういう使い方をするといい?

データ使用量が少なくなる使い方をご紹介します。

できるだけWiFiを使う

自宅や学校、オフィスにWiFiがあれば、データ通信量が多い作業をするときにはそちらを使います。
動画や音楽もあらかじめWiFiでダウンロードしておけば、ネット接続せずに見たり聴いたりできます。

ブラウザやアプリを選ぶ

ブラウザやアプリを選ぶことで、同じものを見てもデータ使用量を抑えられます。
Google Chromeにはデータ通信量を抑えるデータセーバー機能があります。Operaもデータ使用量を抑えられるブラウザとして有名です。

Android向けには「Opera Max – データマネージャ」という通信データを圧縮して通信量を減少させるアプリもあります。

データ使用量の少ない方法を選ぶ

LINE通話は無料で便利ですが、電話量ではなくデータ通信量を利用します。長い用件はLINEのメッセージを使いましょう。

通信速度制限にかかったときはどうすればいいの?

キャリアとの契約で通信速度制限された場合、対処法には次の3つがあります。

おとなしく解除されるのを待つ

3日間のデータ使用量による制限なら1日の制限で済みます。この場合は、ほとんどの人が1日あまり通信をせずに待つでしょう。

1日経てば通信速度制限は解除され、次の日からは普通に使えるようになります。

追加のデータ通信料金を払って解除してもらう

制限解除まで2日程度であれば、オプションで追加料金を払うという方法もあります。

各社ともオプションで追加料金を払うと、データ使用量が拡大されるオプションがあります。これはスマホから申し込むことができます。

このオプションを申し込めばすぐに制限は解除され、普通に使えるようになります。
ただし追加料金はかなり割高なので、使用量に気をつける必要があります。

WiFiルーターレンタルを利用する

通信速度制限が3日以上あるのなら、WiFiルーターレンタルをおすすめします。

WiFiルーターレンタルを利用すればスマホで接続しないので、通信速度制限にかかっていても普通に使うことができます。
料金も、オプションの追加料金よりは割安です。さらに通信量に制限がありませんので今まで以上に大容量の通信を行っても構いません。

WiFiルーターレンタルがあれば

WiFiルーターレンタルがあれば、通信速度制限のときも安心です。

高速で大容量の通信が可能

大容量の通信をするためにホテルやカフェなどのWiFiスポットを探す必要はなく、スマホの通信速度制限期間でも自由に高速でネットを楽しめます。

低コストで高速通信できる

WiFiルーターレンタルなら、料金はスマホのオプションにあるデータ通信追加料金よりも安上がりで、料金はレンタル日数のみで決まります。
スマホで高額なオプションの追加料金を払うこともありません。

いろいろなWiFi機器で使える

WiFiルーターレンタルなら一度に10台のWiFi機器を接続でき、スマホだけでなくゲーム機などのWiFi機器も使うことができます。
普段はテザリングで使用している機器も使うことができます。

セキュリティも安心

WiFiルーターレンタルならパスワードをかけることができます。写真や行き先、連絡先など、個人情報も安心してやり取りできます。

WiFiルーターレンタルの弱点

WiFiルーターのレンタルにもデメリットがあります。

WiFiルーターレンタルにも通信速度制限がある

WiFi東京レンタルショップでは、ワイモバイルの「502HW」という機種を使用しています。
この機種には、AXGP回線を使用するアドヴァンスモードと、LTE/4G回線を使用する通常回線2つの接続方法があります。

アドヴァンスモードの場合

データ使用量の総量は無制限ですが、3日で10GB以上のデータ通信を行うと、翌日は通信速度制限がかかります。
通信速度制限の内容は、利用者の多い18時~25時の間だけ(1Mbps|125KB/秒)に制限されます。

18時~25時の通信速度制限が解除されても、直近3日間のデータ通信量はそのままカウントされるので、再度合計3日で10GB以上のデータ通信を行うと、翌日は通信速度制限がかかります。

利用中に一度でも通常回線に切り替えると、アドヴァンスモードでもデータ使用量無制限の対象外となります。

通常回線の場合

1ヶ月で7GBまでの高速データ通信が可能です。
7GBを超えると通信速度制限がかかり、128Kbps(16KB/秒)になります。

追加で通信容量を購入すればもう一度高速通信ができます。

到着までに時間がかかる

WiFiルーターレンタルは、宅配便で届けてもらえます。通信速度制限がかかったらすぐに連絡しても、1日か2日は使うことができません。

電波の薄い場所がある

アドヴァンスモードではAXGP回線を利用します。AXGP回線大容量で高速、かつデータ使用量の総量は使い放題なのですが、山間部など人の少ないエリアでは電波が弱くなり、使えないこともあります。

下のサイトで、行き先が対応エリアかどうかを確認してからレンタルしてください。

対応エリアをチェック

WiFiルーターレンタルの料金

WiFiルーターレンタルは、どれだけ使っても料金は同じです。
利用日数が3泊4日なら、レンタル料金は2,160円、さらに往復送料が一律1,080円で合計3,240円です。

スマホが通信速度制限にかかったときには、WiFiルーターレンタルがおすすめ

WiFiルーターレンタルがあれば、スマホに通信速度制限がかかっていても、ネットをたっぷり使うことができます。
通信速度制限の時期を乗り切るためには、WiFiルーターレンタルをおすすめします。

今すぐWi-Fiをレンタル

 

 

Wi-Fiルーターのレンタルは、他にもこんな時に使われています。

Wi-Fiレンタル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事